運動

筋トレが続かない人必見!ダイエットに効果的な朝の筋トレの方法とメリットを紹介

ダイエットのために筋トレを始めたけれど、全然続けられない。仕事終わりにジムに行くのもきついし、どうしたら良いか教えてー

このような悩みを解決します。

まずダイエットのために筋トレをしたい人には「朝の筋トレ」をおすすめします。

私自身最初ダイエットのために仕事終わりにジムいって筋トレしてました。

筋トレが好きな人はそれでも継続的にできるかもしれません。

でもそれって結構大変じゃないですか?

私は仕事終わりのジム通い、続けることができませんでしたヽ(´o`;

最初は頑張るんですよ、最初は。

でも1ヶ月2ヶ月やっているうちに続かなくなるんですよね。

私は仕事終わりにジムへ車でいっていました。(車通勤だったので。)

しかし駐車場に着くなり、すぐにジムに向かうことができないんですよね。

なんか体が重くなって携帯いじって気づいたら帰ってましたと...

結果続きませんでした。

しかしそんな私でもできたのが朝の時間を活用した筋トレです。

これは体調悪い日以外は毎日欠かさず続けています。

今回はそんな朝の筋トレがおすすめであるメリットとデメリット、効果を出すための方法を紹介します。



朝の筋トレをすることのメリット

朝の筋トレをすることには多くのメリットがあります

筋肥大をしてムキムキになりたい人には、朝の筋トレはあまり向きません。

筋肥大をするためには、筋肉にかなり負荷を加える必要があり、あまり朝から負荷を与えすぎると怪我をするリスクがあります。

しかしダイエットをする人には仕事終わりや夜筋トレをするより、朝やることの方が効果が高いのです。

今回はそんな朝筋トレすることのメリットを解説していきます。

朝筋トレのメリット①:筋トレを習慣化することができる

筋トレを習慣化させるためには2ヶ月ほど必要です

筋トレを仕事終わりにすると習慣化することが大変になります。

例えば、残業が連日発生してしまい、疲れてジムにいく体力がなくなったとします。

それが何日か立ったとして、その後筋トレ再開できますか?

できないですよね?

仕事終わりの筋トレをすることに関しては、結構仕事の状況に左右されることが多いです。

逆に朝起きてすぐの時間に関してはどうでしょうか?

  • 妨げることがない。
  • 起きてすぐなので体力が残っている

この2つのメリットがあります。

仕事終わりだと疲れている中で、朝起きてすぐだと体力があるので、筋トレを始めやすいです。

朝筋トレのメリット②:筋トレの質を高めることができる

先ほども説明したように、仕事終わりだとその日の疲れ具合で、筋トレの質は変わってきます。

例えば疲れきっていた時はどうでしょう。

いつもであれば40kgの重りでやっていた筋トレを30kgに変えてしまったりしないでしょうか?

私は結構仕事の疲れによって、筋トレの強度や回数を変えていました。

しかし、朝筋トレをすることで、質を高めることができます。

朝の時間はよほど睡眠不足でない限りは、体力がまだ起きたばかりなので毎回全力で筋トレをすることができます。

朝筋トレのメリット③:仕事のレベルをあげることができる

筋トレには仕事のパフォーマンスを上げる効果があります

有名な経営者や仕事のできる人で筋トレを習慣的にやっている割合が高いというのはよく聞く話ではないでしょうか。

これには、

  • 自分に自信をつけることができる
  • 見た目をよくすることができる
  • 健康を保つことができる

こういった理由で筋トレを行うことで、仕事に対するパフォーマンスを高めることができます。

これを朝に筋トレをして習慣化することで、朝から仕事のパフォーマンスを上げ続けることができます。

私も朝の筋トレを取り入れてから、朝始業と共に朝の筋トレを始める前と比較して仕事のパフォーマンスを高めることができています。

 

朝筋トレのメリット④:午前中の仕事の質をアップできる

いつも午前中は眠くて、中々仕事に集中できないんですよね

そんな人には朝の筋トレは特におすすめです。

朝筋トレをすることで、体を朝から覚醒状態にすることができます。

私も朝筋トレを始める前はいつも出社ギリギリに起きていました。

人が朝目覚めてから、覚醒するまで2時間はかかります。

そうなると出社ギリギリに起きると気持ちを切り替えることもできず、覚醒するまでに時間がかかるのです。

午前中目が完全に覚めている人と、午前中眠そうにしている人、果たしてどちらが午前中の仕事の質は高いでしょうか。

朝筋トレのメリット④:脂肪燃焼効果を高めることができます

脂肪燃焼したいなら朝の筋トレがおすすめです

朝は最も代謝が高く、そこから寝るまでに下がっていきます。

そうなると朝最も代謝が高い時間帯に筋トレを行うことで、より脂肪燃焼効果を高めることができます。

効率よくダイエットをしたいのであれば、より痩せやすい時間帯に筋トレを行っていくことが重要ですね✌︎('ω'✌︎ )

朝筋トレを行うことのデメリット

朝筋トレをすることにはメリットも多いですが、デメリットも当然あります。

ここではどんなデメリットがあって、そのデメリットに対してどう対処すれば良いのか解説します。

朝筋トレするデメリット①:負荷が強いと眠くなる

「筋トレをしてあとは寝るだけ」

このような場合であれば、全力で強い負荷をかけて筋トレしても良いでしょう。

しかし、朝やる筋トレにおいてはあまり負荷が強すぎると、体力を消耗しきってしまって眠くなってしまいます。

例えば、1時間全力で走ったりや、ベンチプレスで重い負荷をかけまくるなどですね。

なので筋肥大でムキムキになりたい人には朝の筋トレは向かないのです。

15分から20分ほどで適切に筋トレをすることがおすすめです。

なんでもやりすぎはよくないということですね( ´Д`)

朝筋トレするデメリット②:朝弱い人はそもそもきつい

朝弱い人はまず朝を強くしましょう

朝が弱い人、当然いますよね。

あなたは朝早く起きること得意ですか?

ここでいう朝早起きというのは仕事の都合上早起きになっているということではありません。

出社前に2時間自分のことをやる時間を設けることのできる早起きです。

私がダイエットを始めた頃、出社が6時頃だったため、4時に起きて筋トレをするようにしていました。

最初はめちゃくちゃきついですヽ(´o`;

正直朝起きて15分〜20分くらいは目がほとんど覚めていませんでした。

しかし1ヶ月を過ぎたあたりから習慣にできたのか、そこまで負荷なくやることができました。

結局慣れまでが大変で、慣れればそこまで大変じゃないんですよね。

朝筋トレを行う上での注意点

朝筋トレをすることには注意点もあります。

ただそこまで複雑な注意点ではないので少し注意するだけで問題なくなります。

ここでは朝筋トレをすることの注意点を2点解説していきます。

朝筋トレの注意点①:基本的に朝同じ時間に筋トレをすることが重要

もし平日の朝5時に筋トレを行っているのであれば、休日も朝5時あたりに筋トレをやりましょう。

これは完全に筋トレを習慣化させるために行うことです。

休みの時くらいならよくない?

そう思う人もいるかもしれませんが、休日も同じ時間にやることが重要です。

人間が行動を習慣化するために必要な期間は約2ヶ月です。

そして人間の習慣化が止まってしまう条件は、3日間別のことをやってしまうことです。

そのため最初のうちは休みの日もゆっくり寝ていたいと思うかもしれませんが、2ヶ月頑張れば、休みの日も朝早く起きて行動すれば苦痛でもなくなります。

朝筋トレの注意点②:ストレッチを必ず行いましょう

朝は体がまだ起きたばかりのため、いきなり筋トレを始めてしまうと怪我をしてしまう危険があります。

せっかく朝早く起きたのに、足つったり、怪我したら笑えませんよね?

筋トレを15分間行うのであれば、そのうち1分ほどストレッチに当てると良いです。

朝のおすすめの筋トレ

ここからはおすすめの朝の筋トレの実施の仕方を紹介していきます。

私がやってきて継続できている筋トレになります。

基本的には時間の目安としては15分〜20分くらいで在宅で行うのがベストです。

この理由としては、15分ほどであれば極論出社の30分前に起きれば実践できるからです。

また15分程度の時間であれば、そこまで1回1回の負荷は大きくならないため、継続しやすいです。

ここでは、朝の筋トレを行うポイントとおすすめの筋トレを紹介していきます。

加圧シャツを着用して筋トレ効果を最大化しよう

どうせなら朝の筋トレの効果少しでも上げていきたいですよね?

であれば加圧シャツを着用して筋トレをやることをおすすめします。

加圧シャツとは、体を引き締めるような着圧の高いシャツで、筋トレ効果を高めることができます。

私が半年かけて90kgから60kgまでダイエットに成功した理由は、

  • 加圧シャツを着用しての筋トレ
  • 痩せる食事管理
  • 朝を活用した筋トレ

この3つの行動をしたからです。

合わせて読みたい/st-minihukidashi]
筋トレよりも100倍重要!今日から簡単にできる痩せる食生活改善

続きを見る

効果を出しやすくする上でも、加圧シャツを着用して筋トレを実施すると良いです。

おすすめの加圧シャツ:シックスチェンジ



価格(1枚あたり) 3,980円(税抜)
スパンデックス配合率 18%
おすすめ度 ★★★★★
送料 別途(3枚以上購入から無料)
特典 3枚以上の購入でセット値引き

おすすめの筋トレ①:スクワット

朝の筋トレメニューにスクワットは欠かさず入れるようにしましょう(`・ω・´)

スクワットは一見太ももの筋トレのように思われますが、実際のところ、下半身のシェイプに非常に適しています。

おすすめのスクワットをやっている動画です。

見ながらやって見ると非常に聞かせるスクワットを行うことができます(`・ω・´)

おすすめの筋トレ②:腕立て伏せ

痩せたいからといって腹筋だけやっていれば良いわけではありません。

当然、上半身でも大胸筋も鍛える必要があります。

それに大胸筋が鍛えられれば、見た目もかっこよく見せることができます。

私が今毎日視聴してやっている腕立て伏せの動画になります。

2分間という短い時間で聞かせる腕立て伏せを行うことができるのでおすすめです。

やっぱり毎回やるごとに効く筋トレを行うことが、モチベーションを保つ上でも大切です。

おすすめの筋トレ③:腹筋(腹筋ローラーを活用)

腹筋ローラーを使った腹筋は非常に効果的です。

20回を2セット毎日やれば腹筋をかなり引き締めることができるはずです。

こちらもCHECK

ダイエットにおいて加圧シャツと腹筋ローラーの組み合わせが最強すぎる理由

続きを見る

正直普通の腹筋はあまり効果が出ないです。

このようなやり方の腹筋でやっているうちに腰が痛くなってしまう経験ありませんか?

私は腹筋やるとだいたい10回を超えたあたりでなっていました。

腰は痛くなるのに腹筋は全然効いている感じがしない。

腹筋が鍛えられていないのです。

そんな中腹筋ローラーであれば腹筋を集中的に鍛えることができます。

1個1,200円ほどで購入することができるので、 1個持っておいて損はないです。

タンパク質をしっかりと摂取しよう

筋トレ効果・ダイエット効果を高める上でタンパク質を摂取することが重要です。

ダイエット・筋トレをしているのであれば、1日に必要なタンパク質の量は約90gです。

食材 タンパク質
シャケ 22g
さば 26g
12g
鶏むね肉 23g
生ハム 24g

タンパク質を摂取できる食材は多くあります。

しかし計画的に摂取する上では、これらの食材を1回1回選ぶのは中々難しいですよね?

そんな中でおすすめは「プロテインバー」を食べることをおすすめします。

1本満足のプロテインバーであれば、1本15gのタンパク質を摂取することができます。

運動後1本食べるだけでも大分効果が違うはずです。

参考筋トレよりも100倍重要!今日から簡単にできる痩せる食生活改善

続きを見る

ダイエットに効果的な朝の筋トレの方法まとめ

ダイエットを目的にする人にとって、朝に筋トレを行うことは非常におすすめです。

そのメリットとしては、

  • 筋トレを習慣化できる
  • 筋トレの質を高めることができる
  • 仕事のパフォーマンスの向上
  • 朝の仕事の質をあげる
  • 脂肪燃焼効果を高める

といったものがあります。

その一方デメリットもあります。

  • 負荷の強すぎは日中の眠気に繋がる
  • 朝が弱い人にはきつい

これらについては1日15分ほどでできる筋トレを行うのと、まず朝早起きすることを習慣化させていくことが重要です。

そして朝筋トレをすることの注意点では、

  • 同じ時間にやる
  • ストレッチを必ず行う

ことです。

これは習慣化や、怪我防止のために必要なことではあるので忘れずに行うようにしましょう。

最後に朝の筋トレのおすすめのやり方としては、

  • 効果を出しやすくするために加圧シャツを着用して筋トレ
  • スクワッドで下半身を引き締める
  • 腕立て伏せを行って、上半身を引き締める
  • 腹筋ローラーを活用して腹筋の効果を高める
  • タンパク質をしっかりとってダイエット効果を高める

ここを意識して朝の筋トレ効果を極力あげられるようにしていきましょう。

カケルノート

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

-運動